FC2ブログ
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.21
浅い眠りから覚めて
声を聞いた
ようやく橋を渡りきったんだ
そしてあなたが待っていた

片手には宝石を
もう片手には駐車券を
その瞳にはあふれんばかりの
頑なな愛をたずさえて

溶けはじめた氷が
山間をくだり ぬるくなるまでのあいだ
あどけない肩を
晴れた空の下にさらしていた


真下に
川は流れている
人々はランプを点けて
せわしなく 行き交っている

背は伸びずとも
もう三月だ

坂道も曲がり道も
いつまでも続くかのようで
饒舌すぎない上機嫌のあなたが
しずかに ハンドルを捌いていく

でもいつまでも続かない
賑やかな恋と旅

(二十歳)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。