FC2ブログ
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.10
みとれてしまうような
くすんだ空の色は七月に似ている
はじまった夏
濃くなっていく空気
旗のように洗濯物はゆれて
とおくの町はしらんかおして
私のよく焼けた肌にしみこもうとする

においは
ない
思い出をふちどるように
水滴にかわる汗が
ていねいに
緑の絵具をのばして

ここにいたこと ある?

ちいさく頭の奥で
点滅するphraseがある
ゆっくりと 熱に代わる
寡黙な少年のような
気配と

(再来する風景)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。