FC2ブログ
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.29
そのとき、時計の針は
わたしの胸をただ引っかいた
ずっと眠っていたかったな
あなたの利き腕にもたれて

ああ もう
昼は間近
下を向いた
なにも知らないふりだよ

あなたの横顔
よく血の通った頬
ふれるとすこしぬるく
小さく微笑むんだろうな
でもきっと見慣れた車窓は
いつになく退屈で
おなじなんだ
わかっている

あなたへ
何かを捧げたいな
心の奥にすみついた
おおきな傷を
捧げたいな

風なんかふかないのに届く
ぬくもりと匂いと
やさしく鼓膜をふるわせるその声が
わたしを
わたしを
壊すのかも
って
死ぬほどつよく直感しては
ふりほどく
あこがれもあるけど

歩いて帰れるんだろうか
あの丘の上からみた
光の丸さ
自由帳にあなたの名前を
書いた日
うたった日

ねえ まだ
待っていてくれるんだろうか
いつまでも永遠を囁くんだろうか
その熱っぽいまなざしで
わたしの夢をかきけすんだろうか

ああ もう
昼も間近
これを降りたら階段をすぐ

(もしこのまま)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。