FC2ブログ
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.04
空がきゅうにあかるくなった
気がして窓の外を見やる
時計の針
かくれたふりして
僕の両手には温もりがある
そして傷

吸い込むだけ吸い込んだら
もうにげだすことすらできないの
遠くの街 ようやく
灯りを消して
まぶたを閉じた

手に入れるために
なげうった数々の値を
きみは知らないから僕はそっと
手をあてて、教えてあげる
夜は物語のようにめくれつづけて
いずれはあたらしい景色になるって
そういう話を
してあげる

(眠れるきみへ)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。