FC2ブログ
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.03
からめた指先からつたわる熱が
あなたの肌よりも深い場所からの便りで
そっとふれている髪の太さ
なんだかもう
いっぱいになる

抱きしめていられよう
もう この夜は何度かみつぶしても
朝にはならい約束だったんだ
手に入れたいものは多くないよ
ささやかなその
言葉だけで

どうしてどうして
触れていても
もっと境界をくぐりぬけて
会いにいきたい
生身のあなたに

涼しくなった夕方のこと 見慣れない電車に
あなたは目を奪われて 風はすこしつよく吹く
その柔らかな意匠も
かなしみを覚えたての
夏のにおいも

なによりも あなたの中に
飛び込んでしまえたら
って
おもった
泣きそうだ

(身体が焦がれる)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。