FC2ブログ
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.30
呼吸の違いを空気は描いて
なめらかな円をつくっていた
曇る両目の視差から逃れて
わたしは世界と交渉する。

窓の冷たさは肌の熱さを映して――いるみたい
先生の腕はよごれていて
わたしにさわろうとするとき
確かな緊張感で神経を尖らせる

ここが夢の中だったら
電車はとまり効かない冷房を嘆くような
出来事のかさなりを受け止めて
みせるのに。

名前も知らない誰かのために

(雑踏の温度)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。