FC2ブログ
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.10
抱えていた花束が
いつのまにか亡骸のような重みで
私はそれを
線路に放った

便箋の
のたうつようなあなたの筆跡は
雨に濡れて滲むというより
むしろ流れて消えていきそうな

i
 m
  p
   r
  e 
 s
s
 i
  o
   n
    .

植物の
においだろうか、むせ返るような
夕立のあとの坂道

回数券は泥まみれで
印字された未来に吐き気すらするの
目を合わさないという美学
わからない
脳内の喝采

(変拍子)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。